商品の成功へと導くブランド戦略の例

様々な商品やサービスで溢れる昨今ですが、その中にあってどの企業もが重視するブランド戦略とはどのようなものか、ぼんやりと漠然としたイメージが蔓延しています。

ブランドとは何か。何をそう呼ぶのか。
商品やサービスを選択するにあたり、どのメーカーの商品・サービスであれば望んだ満足感や付加価値を得られるのか、といった顧客からのイメージと信頼感であり、そう思われる企業や商品に与えられます。
例えば、とあるスーパーについて、「このスーパーは安い」「このスーパーは魚がおいしい」と誰かから聞いたとします。これは、その人が名前の挙がったスーパーに対して安く買い物ができる、魚を買うならここ、と信頼をしているということです。
それが積み重なることで、「安さならここ」「魚を買うならここ」といったイメージが定着します。
そのように宣伝をしていて、それが間違いないと信頼されている企業や製品の例は少し思い出すだけでも多くあることでしょう。
こういった、顧客からの好意的なイメージを積み重ねて信頼を勝ち得ていく事を目指し、発展されていくための方策、それがブランド戦略の正体です。
言うなればファンの獲得のための活動で、その成功によって競合他社との熾烈な競争に打ち勝つことができるのです。

そうなるための企業の活動としては何をするべきでしょうか。

まずは企業自体、そして提供する商品やサービスの充実化になります。
商品開発については言うまでもありません。商品を手に取ってもらうにも、サービスを希望されるにも、顧客が望んだ満足感を得られる商品が必要だからです。
商品だけではなく、期待されるようにパッケージデザインや店舗なども重要になります。商品・サービスが何をもたらすのかがイメージできなければ顧客からは見向きもされないからです。
その際、開発の準備段階として市場調査など、どのような商品・サービスが求められているのかを調査する事が多いのは、その期待感に応えるために必要だからです。
また、企業自体へのイメージが悪いと、本来の商品価値へのマイナス評価に繋がります。そのまた逆の作用もあるため、内部の環境の整備や社会活動などを通して積極的に企業へのイメージアップを図るケースが多いです。

そして広報活動を通じて商品を宣伝し実際に手に取ってもらうのですが、その後に戦略で一番重要なことがあります。
提供した商品・サービスが本当に顧客が満足しているかの調査です。顧客が満足感を覚えたのかは、当の顧客しか知らないからです。
そこから、顧客の期待に応えられなかった場合には商品に反映していくことで、多くの顧客から支持されるようになっていくのです。