フロアコーティングの特徴とメリットデメリット

カレンダー

2017年12月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

見所一覧

2017年09月19日
フロアコーティングの特徴を考えた業者の見極め方を更新。
2017年09月19日
フロアコーティングの特徴とメリットデメリットを更新。
2017年09月19日
フロアコーティングの性能を更新。
2017年09月19日
フロアコーティングのメリットと業者の選び方を更新。

ワックスとフロアコーティングの違い

自宅の床の傷などを抑えて綺麗に保っていたい場合に考えることとしてはワックスをかけること以外にフロアコーティングをするという方法もあります。ではワックスとフロアコーティングではどちらの方が良いのでしょうか?今回はワックスとフロアコーティングの違いについて書いていきたいと思います。
まずそれぞれの特徴として、ワックスはフロアコーティングに比べ一回の費用はかなり安いという点があり、さらにキッチンやリビングのみなど、部分的に行うことができるという特徴があります。しかし、硬度がそれほど高くはないため定期的な手入れが必要になってきます。そしてフロアコーティングですが、フロアコーティングはワックスに比べて硬度がかなり高く耐用年数も10年以上ある場合もあります。
しかし、部分的に施すということは出来ず、一からコーティングする必要があるためワックスに比べると一回の費用がかなり高くなってしまうというデメリットもあります。このようにワックスとフロアコーティングには様々な違いが存在していますので、床を綺麗に保ちたいと思っている方は、それぞれの特徴ときちんと理解し、自分の生活にあった方を選択することをおすすめします。

フロアコーティングのメリットとデメリット

戸建てやマンションを問わず、最近ではフローリングの床があるお宅が増えています。畳敷きの部屋と比べてフローリングの床は掃除が簡単、ダニが発生しにくいなどのメリットがありますが、フローリングの床にはデメリットな面もあります。たとえば、フローリングの床の場合、畳とは違って衝撃に弱く、ある程度の重量のあるものを床に落としてしまったときには比較的簡単に傷がついてしまいます。
もちろん、軽微な傷であれば補修材などを用いて目立たなくさせることも可能ですが、傷の程度が深いときにはそうはいきません。フローリングにできた傷跡にはやがてゴミや汚れなどが蓄積されていき、いくら掃除をしたとしても綺麗にすることができないようになってしまいます。これでは見た目も美しくはありませんし、最悪の場合にはフローリングの床そのものを張り替える必要が生じてしまいます。
そのため、新築の物件などに入居をする際にはふおーリングの床がいつまでも新築時同様に保てるようにフロアコーティングをすることをお勧めします。フロアコーティングとは、フローリングの床にコーティング剤を塗布して床を保護する施工方法ですが、これをしておくことによりフローリングの床を傷つきにくくし、汚れが付きにくい状態が長期間維持できるようになります。

注目記事

フロアコーティングの特徴を考えた業者の見極め方

フロアコーティングの種類 最近は、床の傷や綺麗さを保つためにフロアコーティングを行う人が増えてきて…

くわしく読む

フロアコーティングの特徴とメリットデメリット

ワックスとフロアコーティングの違い 自宅の床の傷などを抑えて綺麗に保っていたい場合に考えることとし…

くわしく読む

フロアコーティングの性能

フロアコーティングの魅力的でさまざまなメリット フロアコーティングと言えば、様々な衝撃などから床を…

くわしく読む

フロアコーティングのメリットと業者の選び方

フロアコーティング加工するメリットや費用 床をコーティング加工するメリットは、傷や汚れから守ること…

くわしく読む